【体験者が語る】夜職が初めての子のために水商売選びのポイントを4つ紹介!

【体験者が語る】夜職が初めての子のために水商売選びのポイントを4つ紹介!

夜職の選び方

給料は普通のバイトの倍以上。お金がほしいければ、夜職が手っ取り早いですよね。

でも、

夜職って時給も働き方(キャバクラ、クラブ、ガールズバー)もたくさんあって、どれがいいか分かりませんよね。

求人サイトを見ると、何百件も出てくるし、条件はどれも対して変わらないし…。

 

私も初めてクラブで働こうと思ったときはどんなお店がいいか分からずで、とても不安でした。

夜職を決めるうえで大事なことは自分に合っているかです。

無理をして合わないお店で頑張っても辛いだけ。

夜職が初めての人は無理をしないこと、なるべくノルマが少なくて気持ち的に楽に続けられるものがいいです。

夜職4年の私が、初めての子におすすめするのは「ガールズバー」です。

ノルマもないし、同伴やアフターもないですからね。

私もクラブで働く前はガールズバーで楽しく働いていました。

夜職に慣れてきてから、同伴やアフターなどが必要なクラブやキャバクラに移ればいいです。

とにもかくにも、体験入店をしてみないと分からないことがほとんどなのですが、今回は夜職初心者がお店を選ぶポイントを4つ紹介しています。

ぜひ、あなたにぴったりの夜職を見つけてくださいね。そして、稼いだお金でエステや脱毛などをしてもっと綺麗になりましょう。

夜職(水商売)が初めての人に知ってほしい3つのこと

夜職が初めてだと、不安なことたくさんありますよね?

そんなあなたの不安を解消すべく、私の経験をもとに、あなたのために知ってほしいことを3つ紹介します。

女の子は案外バチバチしてない

夜職って女の子たちがナンバー1を狙ってバチバチしているイメージないですか?

私も夜職を始めるまでは、ずっとバッチンバッチンだと思っていたのですが、案外みんな落ち着いています

当たり前ですけど、喧嘩している暇があったら、真面目に働いた方が吉ですよね。

クラブやキャバクラだとナンバーを狙っている子もいますが、そのような子たちは生活がかかってますから必死です。でも、いい意味の緊張感がある感じで、女の争いはありませんでした。

特にガールズバー時代は女の争いはなく、同世代の可愛い女の子の友だちがたくさんできて、とても楽しかったです。

バイトが終わったあとに、みんなでラーメンに行ったり、男の子と遊んだり。

夜職は確かに女だらけですが、案外バチバチしていない職場です。

お酒は飲めた方がいい

お酒は飲めないより飲めた方がいいです。

お酒が飲めない子には、ウーロンハイと言ってウーロン茶を出してくれたりします。

しかし、お客様からシャンパンを入れてもらうことも多く、結局飲まないといけないということも多いです。

私はお酒が弱かったので、最初の頃はお酒弱くて…と言ってお客様に通していましたね。

お酒がどれくらい飲めるかはお店が体験入店の時にチェックします。

正直に「飲めない」って言っても大丈夫です。その辺はお店が配慮してくれます。

でも、飲めないよりは飲めた方がいいですね。

容姿の自信はあとからつければいい

「太っていてドレスとか…」、「私ブスだし」と思っているかもしれませんが、容姿の自信はあとからつければいいんです。

夜職って綺麗なお姉さんが多いイメージですよね。

もちろんみんな綺麗なんですけど、とびぬけて美人みたいな人ってそんなに多くはないです。

どちらかと言うと、夜職を始めてから綺麗になった人が多いと思います。

私はそうです。最初は「美人じゃないし‥」と思っていましたが、だんだん美容やジムにお金をかけられるようになり、容姿に自信がつき始めました。

また、周りに綺麗な人が多いので、勝手に美意識が上がります。そして綺麗になる努力をするので、みんな綺麗になるんですよね。

今の容姿なんてどうにでもなります。だからまずは体験入店に行きましょう。

初めての夜職で無理をしない夜職(水商売)の選び方

美女たち

初めての夜職で無理をしない夜職の選び方を紹介します。

いくらお金が必要なのか

今あなたはいくらお金が必要ですか?

始めての夜職ならガールズバーがおすすめなのですが、何百万円もお金が必要なら、ガッツリ稼げるクラブや高給ラウンジがおすすめです。

学生の美容代にエステや好きなお化粧品を買いたいぐらいなら、ガールズバーでいいと思いますよ。

今どれくらいお金が必要なのか真剣に考えてそれに見合った夜職を選びましょう。

どれくらい夜職に時間が使えるか

あなたはどれくらい夜職に時間が使えますか?

夜職は朝までやっているものから20時~25時で終わるクラブなどさまざまです。

クラブは、勤務時間が少なくても同伴やアフターなど勤務時間外での付き合いが多いので、意外と時間が必要だったりします。

一方でガールズバーは、勤務時間外の付き合いがありません。

お店以外でおじさんと関わりたくないという人にはガールズバーがおすすめです笑

店舗が家からある程度離れた場所にあること

家からある程度離れた場所にある店舗を選びましょう。

近い方が学校帰りに仕事帰りにと通いやすいのですが、お店付近で知り合いに見られるとマズイという場合もありありますよね。

あとお客様に家を知られたり。

私の友人の話ですが、家までお店のお客様がつけていたということがありました。

このようなことを防ぐためにも、家から少し離れた場所で通いやすいお店を選ぶといいですよ。

体験入店してみないと分からない

全ては体験入店から始まります

スタッフや女の子が自分に合うかどうか、お店のルールはどうなの?など体験入店をしてみないと分からないことがほとんどです。

また、体験入店に行ったから必ずそこに決めないといけないということではありません。

体験入店は1店だけではなく、何店行ってもOKです。

いいなと思うお店に出会えるまで体験入店をしましょう。

夜職(水商売)が初めての人はガールズバーから始めてみよう

ガールズバーは女性バーテンダーのようなお仕事で、カウンター越しでの接客。お触りなし。

会話は若さでなんとかなります。

女の子たちも同世代が多いので、楽しくワイワイ頑張れます。

ただし、あなたに合うか合わないかは体験入店してみないと分かりません

まずは上記のお店選びを参考に、体験入店に行ってみましょう。