食べるのが怖い。頑張り屋さんのあなたの気持ちをスーっと楽にする8つの克服法

食べるのが怖い。頑張り屋さんのあなたの気持ちをスーっと楽にする8つの克服法

少しでも決めた量以上を食べると、太る気がして不安

1日のカロリーを上回ると太りそうで、食べるのが怖い

頭の中はカロリーや太る恐怖でいっぱい。毎日辛くて苦しい。本当は炭水化物も肉も、お菓子も前みたいに’普通’に食べたいのに…。

私もあなたと同じように高カロリーのものを食べるのが怖いと思っていたことがあります。そのときは固形物さえ食べるのが怖いと思っていました。

食べる=悪いことだと強迫的になっていましたが、今では普通に食べられています。それに、食べているから太るなんてこともありません。むしろ正しく食べられるようになって、痩せました。

この記事では「食べるのが怖い」という気持ちを和らげて、もっと楽に痩せる方法を紹介しています。

今は我慢できていてもいつか反動で過食が起こり、リバウンド…ということもありえます。食べるのが怖いという気持ちを少しでも楽にして、普通に食事を楽しめるようになりましょう。

また、摂食障害の可能性もあるので、摂食障害のチェックも一緒に紹介しています。

食べるのが怖いという心理に隠された本当のあなたは?

女性 美人 画像

食べたいけど食べるのが怖いと思うまで、ダイエットを頑張ったあなたは真面目でとてもいい子なのでしょう。

目の前の目標、

  • 50kgまで痩せる
  • 1カ月で3kg減

などに向かって、あなたなりに一生懸命頑張ったのだと思います。よく頑張りましたね。

私は「食べるのが怖いと思っていても食べないと意味ないよ」「栄養が足りないから精神的に不安定になるんだよ」なんてことは言いません。

あなたは、いい子で頑張り屋さん。ちょっと頑張りすぎてしまっただけなんです。だから、食べない自分を否定しないでください。

むしろ、今までよく頑張ったね、耐えたねと褒めてあげてください。

ダイエットを頑張りすぎて食べるのが怖くなってしまう人の特徴

真面目

責任感が強い

完ぺき主義

自分に自信がない

ストレスを自分の中に溜め込む

ダイエットを頑張りすぎてしまう人は、責任感が強かったり、ルールからはみ出るといけないと思ってしまう完ぺき主義が強い傾向にあります。また、それだけ頑張っているのに、自分はまだまだだと思い自分に自信がないと思っています。

そして、ストレスを自分の中に溜め込みやすく気付いたら過食や、むちゃ食いなどでストレスが大爆発することが多いです。




食べるのが怖いのは摂食障害という病気かも

人 女 顔 画像

少しくらい、食べるのを控える、食べ過ぎてしまったことは誰でもあることです。ダイエット中にカロリーや食事量を抑えることは今までもやってきたことですよね。

しかし、食べて太るのが怖いからといって、極端に食べない日を作ったり、毎日大量に食べて吐く行為は、治療が必要な摂食障害である可能性が高いです。

摂食障害とは

摂食障害は数年前まで、国の難病に指定されており、完治するのが難しい病気とされていました。

摂食障害には食事をほとんどとらなくなってしまう拒食症、極端に大量に食べてしまう過食症があります。拒食症では、食事量が減る、低カロリーのものしか食べないことから体重が極端に減る、やせて生理がこなくなるといった症状があります。過食症は、いったん食べ始めるとやめられない、むちゃ食いしては吐く、食べすぎたことを後悔し、憂うつになるなどの症状がみられます。拒食症から、過食症になることもあります。

引用:厚生労働省「摂食障害」

食べるのが怖いのは拒食症の1歩手前

食べるのが怖いと思うのは、拒食症の1歩手前です。以下のような特徴がある場合拒食症である可能性が高いです。

  • 体重が増えるのがとても怖い
  • 標準体重の80%以下の体重が何ヶ月も続いている(例:160㎝で45kg以下)
  • 生理が止まっている

また、毎日食べ物に脳内が支配されている、無力感がある、気持ちが沈んでいるならすぐに病院に行きましょう。

このままほおっておくと大変なことになります。拒食症は体に栄養が足りないため、筋肉が落ち寝たきりに、心不全で亡くなる方もたくさんいるんです。それだけ拒食症とは怖い病気です。

食べて吐くのは「過食嘔吐」という病気です

今、食べた後太ることが不安で吐いてしまうという場合は過食嘔吐と呼ばれる過食症の症状が出ています。

ここまでくると、あなた1人で克服することはできません。すぐに心療内科を受診しましょう。

私も過食嘔吐で4年近く、苦しみました。過食嘔吐は深い沼のようなもので、一度入ると簡単には抜け出せません。クセになってしまうんです。過食嘔吐の沼の奥深くに入るまでに、対処しなければなりません。今すぐ病院へ行ってください。

食べるのが怖い気持ちを克服する方法

女性 笑顔 可愛い 画像

食べるのが怖い気持ちは簡単には克服できませんが、以下の方法を試していくことで辛い気持ちは少しずつ和らぎます。

自分を受け入れる

食べるのが怖いという気持ちも含めて、自分のことを受けれましょう。

今のあなたは「太ったら意味がない」、「食べる自分はありえない」と思っているかもしれませんが、それはとても狭い視野の中であなたが勝手に決めているだけなんです。

本当は、食べても綺麗になれますし、あなたは体型以外にも魅力がたくさんあります。今の体型から太ることが、怖いと思う気持ちも分かります。私もそうだったから。

でも、自分を受け入れることができないと、一生周りの評価や誰かの意見に依存して生きなければなりません。そして誰もあなたを認めてくれないと、自分に価値がない気分になり、さらに自分を追い込むことになります。

だから、まずは今の自分をきちんと認めて受け入れてください。

「食べる=太る」じゃない

「食べる=太る」ではないんです。あなたは食べたら太るから食べない、絶対痩せたいから食べないと決めていますよね。

私もそうだったから分かります。でもね、あなたの頭が食べる=太るの頭に勝手になっているだけなんですよ。本当は正しく食べられさえすれば簡単に太ることはないんです。

正しい食べ方さえ身に着けられれば、食べていたって痩せられます。だからまずは食べる=太るじゃないと思ってください。

自分の気持ちに反して無理に食べようとしない

食べたくないのに無理に食べなくていいです。

  • 友だちにもっと食べなよ
  • 親に食べなさい

と言われてもあなたが食べたくないと思うなら食べる必要はありません。誰かに食べなさいと言われても食べられないものは食べられません。まして、食べよう食べようと思うストレスの方があなたにはよくありません。

言い方はよくありませんが、もし誰かが「食べなさい」と言ってきたら、その人は今のあなたには必要のない人です。なるべく関わらないようにしましょう。

「関わらないようにしていたら嫌われる」と思うなら、それこそ他人に依存している証拠です。今はあなたの気持ちが最優先。あなたを否定する人は無視していいんです。

誰かが食べなさいと言ってきてもあなたが食べたくないなら食べない、自分の気持ちを1番に考えましょう。

食べたいと思ったときに食べる

あなたが「コレ食べたい!」と思ったときに、食べればいいです。食べたいと思ったときが1番美味しく感じられるからです。

今は、まだ食べたいと思えないかもしれませんが、少しずつ自分を受け入れていく中で、コレ食べたいなと思うことがきっとあると思います。

そのときに、食べればいいんです。

過食したいときはする

過食がしたくなったらしましょう。過食は悪いことではありません。過食は、今のあなたの強いストレスを解消するために体が欲していることだからです。

過食が悪いことだと思うと、過食をしたときに「なんで過食をしてしまったんだろう、私って最悪」とひどい自己嫌悪をしてしまいます。それはあなたにとっていいことではありません。

過食したくなったらダメだと思わずに、今の私に必要なことなんだと思いましょう。

カロリー制限はお休み

無理なカロリー制限をしていませんか?

  • 一食300kcal以内じゃないとダメ
  • 1日の摂取カロリーは1,000kcalまで

と、毎日続けられないようなカロリー制限は、あなたの心のためにお休みすることをおすすめします。

このまま続けていると、カロリーのことで1日中頭がいっぱい。他に何もできなくなるほど、精神的に追い込まれてしまいます。私もそうでした。そして、厳しいカロリー制限はリバウンドの引き金にもなります。

カロリーを考えて食事をすることはダイエットに必要なことですが、今のあなたに必要なのは辛い原因を取り除くこと。

カロリー制限のせいで食べるのが怖いなら、少しお休みしましょう。

ダイエット漢方を食事のお守りに

ダイエット漢方を食事のお守りにしてみましょう。食べたいけど、やっぱり食べるのは怖い…と思ったとき、「これがあれば大丈夫!」と思えるものがあると、心に余裕が生れます。

もちろん飲んだだけで-5キロなんてのは無理ですよ。でも、辛い気持ちが飲むだけでちょっとでも和らぐなら飲むべきだと思うんです。私もダイエットサプリや漢方には助けられましたから。

ダイエット漢方は医薬品(国から効果が認められている)なので、怪しいダイエットサプリに大金を払うより確実です。

特に「防風通聖散」と呼ばれる肥満やむくみに効果のある漢方薬がおすすめです。私の場合はちょっと食欲も抑えらている気がしてます。

食べながら痩せるにはダイエットの知識が必要

女性 相談 画像

正しい知識を身に着ければ、食べながらでも痩せられます。ダイエットって結局何をどう食べるかなんです。

私はカフェオレだけとか、糖質は一切とらないとか良くないダイエットをやっていました。言うほど食べていないのに、全然痩せなかったんですよね。

でも、正しい知識を身に着けたことで、食べても痩せられることが分かりました。そして食べても痩せる体になりました。

食べていいものを知って、上手に食べられさえすればちゃんと痩せるんです。食べることを我慢しなくていいんです。

正しい知識を身に着けたいなら、ダイエットのプロに相談すべし!

正しい知識は、ダイエットのプロに教わることが1番です。

それにもう1人で頑張らずに、頼れる人にダイエットの手助けをしてもらいませんか?

1人でダイエットをしてしまうと、どこまで食事制限していいのか、これがやりすぎなのか分からなくなります。ダイエットはプロに頼るのが不安な気持ちにならずに痩せられる一番の近道です。

正しい知識を身につけて健康的に痩せたいなら「オンラインダイエット」がおすすめ

そこでおすすめなのが「オンラインダイエット」です。オンラインダイエットなら、スマホ1つでダイエットのプロと一緒にダイエットができるんです。簡単に言うとパーソナルトレーニングのスマホ版です。

オンラインダイエットなら、あなただけの専属トレーナーが2カ月間あなたの生活を毎日サポート。食生活から徹底的に改善していきます。栄養士や専属トレーナーが高栄養で低カロリーの食べ物など、今のあなたに合った食事法や運動法を教えてくれるんですよ。

さらに、オンラインダイエットなら、専属トレーナーにチャット相談ができるんです。対面だと、他人にいきなり「食べるのが怖い、健康的に食べられるようになりたい」なんて話すのは抵抗がありますが、チャットなら気楽に相談できますよね。

特に、「FiNCダイエット家庭教師」というオンラインダイエットは食事面からあなたの生活を毎日サポート。管理栄養士さんが、何をどれくらい食べていいのか適切に指導してくれます。あなた専属の管理栄養士さんが24時間いつでもどこでも寄り添ってくれますよ。

今のあなたには一緒に寄り添ってくれる人が必要です。ダイエット家庭教師を利用して今の苦しい生活を変えませんか?

ダイエット家庭教師

\無料カウンセリングが受けられる/

ダイエット家庭教師公式サイトを見る

まとめ:食べるのが怖い気持ちは必ず克服できる

自分を受け入れる

食べる=太るじゃない

無理に食べようとしない

食べたいと思ったときに食べる

過食したいときはする

カロリー制限はお休み

ダイエット漢方を食事のお守りに

食べながら痩せるにはダイエットの知識が必要

健康的に痩せるならオンラインダイエットがおすすめ

食べるのが怖い、太るのが嫌という気持ちは絶対に克服できます。今すぐ「ハイッ食べるの怖くない!」となることはありえませんが、少しずつあなたは変われます。

まずは自分を受け入れて、そして今までダイエットを頑張ってきた自分を認めてあげてください。

摂食障害かもしれないと感じたらすぐに病院に行きましょう。

もし、まだダイエットを頑張りたい、健康的になりたいと思ったら、もう1人で頑張らずにダイエットの専門家を頼ってください。特に、オンラインダイエットはあなたの毎日をずーっとサポートしてくれる強い味方になりますよ。