過食スイッチが入ったときの5つの対処法と過食衝動を抑えるポイント

過食スイッチが入ったときの5つの対処法と過食衝動を抑えるポイント

1口食べるとチョコにアイスに、パンに、揚げ物が止まらない。過食に限ってハイカロリーでジャンクなものが食べたくなる。

1度入ると自分の意志では止められないのが過食スイッチ

どうやったら、この過食を止められるんだろう。食欲をコントロールする方法はないのかな?

過食スイッチが入ったときに、効果のある対処法ってないのかな?

私も過食・過食嘔吐をしていたときは、1度入ったらGOGOGO!!!な過食スイッチに常に悩まされていました。

過食スイッチって急に入るから本当にヒヤヒヤですよね。

それに過食をすると「本当は痩せたいのに、何をやっているんだろう…」と自己嫌悪。毎回ひどく落ち込みますよね。

あなたも気づいていると思いますが、いきなり入った過食スイッチは止められません。

だったら、過食スイッチが入った時に少しでも自己嫌悪しないように食べればいいんです。

自己嫌悪してしまうと、それ自体がストレスになり、ますます過食がやめられなくなるからです。

そして、過食スイッチは普段から気をつけていれば入りにくくできます

この記事では

  • 過食スイッチが入る原因
  • 過食衝動を抑えるために普段から心がけるべきポイント
  • 突然過食スイッチが入ったときの対処法

を紹介します。

実際に私が試して意味があったものを紹介しています。

簡単にできることばかりです。ぜひこの記事を読んで、過食を減らして少しでも痩せられる方法を見つけましょう。

過食スイッチが入る3つ原因

ドーナッツを過食しようとする女性

どうしてあんなに突然、なんでもかんでも食べたくなってしまうんでしょか?

過食スイッチが入るのには3つの原因があります。

甘いもの・炭水化物(パン麺ごはん)で血糖値が急上昇

甘いものや炭水化物をいきなりたくさん食べると、血糖値が急上昇します。

血糖値が急上昇すると、体は血糖値を下げようとするのですが、このとき血糖値が下がりすぎてしまうんです。

すると、脳は血糖値が下がりすぎだから「甘いものを食べて血糖値を上げてくれー!」と指令を出します。

また、糖質を摂取すると脳内で快楽物質が放出されます。脳は甘いものをとると、勝手に幸せな気持ちになるんです。

その結果、スイッチが入ったかのように甘いものや炭水化物が欲しくなり、やめられなくなるんです。

このような症状を砂糖依存症と言います。

体が常に栄養不足

体が常に栄養不足だと脳は栄養を求めて「食べなさい!」という指令を出します

だから、過食が起こってしまうんです。

過食したら次の日は食べないなどというルールを作っていませんか?

私はよくやっていました。過食した次の日はサラダと水だけで過ごすとか。おにぎり1個とか。

過食をすると「カロリーを摂りすぎたから食べないようにしなきゃ!」と思ってしまいますよね。

本当は体が栄養を欲しているのに、過食したから食べない・吐くをすれば、栄養が摂れないので、どんどん、どんどん過食の回数が増えていきます。

「ちょっと待って、非嘔吐過食は吐いてないから栄養はとっているよ!」と思うかもしれません。

非嘔吐でも、パンやお菓子ばかり食べていれば必要な栄養(タンパク質やビタミン・ミネラル)は摂れていないことになります。

過食は必要な栄養が摂れていないから起こっているんです。

過度なストレスがかかっている

過度なストレスがかかっていると、どこかでストレスを発散したいですよね。

今のあなたは食べるという行為でストレスを発散しています。

なにか嫌なことがあると急に食べたくなりませんか?

イライラすると食べ物を手にしていませんか?

私は、「太った?」、「食べすぎじゃない?」と言われると、過食スイッチが入るときがありました。

あとは容姿に対して嫌なことを言われたときですね。

実際に、神経性過食症の患者は感情の変化、怒りのストレスが契機となって過食嘔吐する。

また言語、対人関係、視聴覚のストレス負荷によって過食衝動が高まると言われています。

あなたは、過度なストレスによっ過食衝動が高まり、過食でストレスを発散させているんです。




過食衝動を抑えるために普段から心がけるポイント4つ

痩せている美女の食事

過食衝動は普段から以下のことを心がけていれば、ある程度抑えられます。

ときには、過食スイッチが入って食べてしまうこともあるかもしれません。

しかし、ちょっとした心がけで過食から逃れることもできるんですよ。

過食は簡単に止められないと割り切る

過食は簡単には止められません。

あなたも何度もやめよう、やめようと思ったことでしょう。

しかし、そう簡単にはやめられなかったからこの記事を読んでいるのだと思います。

私は過食歴4年でしたが、スパッと綺麗にはやめらませんでした。

やめられそうになって、また過食したり、やめたいと思いながら何日も過食したり。

過食は簡単にはやめられないのだから「この間よりマシになってればいいわ」と割り切ると過食を受け入れられるようになりました。

過食をすること自体はそんなに悪くないんです。ただ、「食べちゃった…私って最悪」と自分を責めることが良くないんです。

過食は止めらないんだから、まあ仕方ないやくらいに思って割り切ると案外、気持ちが楽ですよ。

過食について吐き出せる場所をつくる

あなたは過食について話せる人がいますか?誰かに相談していますか?

過食について吐き出せる場所を作りましょう。

過食ってすごく辛いですよね。

痩せたいのに食べる、なんでこんな量食べちゃうんだろうと毎回落ち込む。

過食について吐き出せる場所が1つでもあると、気持ちが楽になります。

私もずーっと1人で誰にも言えずに過食嘔吐をしていましたが、知り合いに相談したことで辛い気持ちがびっくりするほど和らいだんです。

そして、その相談が過食を治すきっかけになりました。

でも、過食ってなかなか家族や彼氏、友だちには相談できませんよね。

「何か思われたらどうしよう、否定されたら…いろいろ考えると結局相談できない!」

そんなときは、このブログの「みんなのダイエット相談室」にいつでもご相談ください。

ブログ上で、私があなたの質問で答える形になっています。

どこでもいいので、あなたが過食について吐き出せる場所を見つけましょう。

栄養バランスを整える

体の栄養バランスを整えましょう

今のあなたの体は栄養が足りず、もっと栄養がほしいから過食をしようとしています。

でも、「食べて太ったらどうしよう」、「これ以上食べたらまた太る」とも思いますよね。

あなたの意志に反して無理にカロリーを摂る必要はありません。

大事なのはカロリーではなく栄養を摂ることです。

ビタミンミネラルのサプリ・プロテインで栄養やタンパク質を摂取するなど、落ち着いて食べられそうなものから栄養を摂りましょう。

空腹時に美味しそうな物は見ない

空腹のときに美味しそうなものは見ないこと!これ結構重要です。

カナダ・トロント大学で行われた研究では、食事の写真を撮ることに熱中すると、人によっては食べ物が頭の中で最優先事項になってしまい、食に対して歪んだイメージができてしまうそう。

その結果、摂食障害や肥満を引き起こすというわけです。

私もYouTubeで美味しそうな動画を見るのが趣味だったのですが、動画を見るたびに食べたくなって過食していましたね笑

美味しそうなものは見ない方が身のためです。

また、コンビニやカフェも一緒です。

商品を見ると食べたくなるので、なるべく入らないようにしましょうね。

突然過食スイッチが入ったときの対処法5選

明るい 女性

突然過食スイッチが入って、止められないときもありますよね。

そんなときは、以下の方法を試してみてください。

過食を我慢できて、過食後の辛い気持ちが和らぎますよ。

食べたくなったら5分我慢

何かを過食したくなったら、5分だけ我慢しましょう。

やっぱり我慢できない食べたいと思ったら、潔く食べましょう。

私の長年の過食経験から

過食を我慢する→頭の中は食べ物でいっぱい→他のことが考えられない→結局過食

なんですよね。

我慢して無駄に神経をすり切らして、そのストレスがたまって結局過食

今まで我慢していた時間がなんだったんだ…と思ったことが何度もあります。

過食はスイッチが入ってしまうと簡単には止められません。

5分我慢して「無理食べたい!」と思ったら食べちゃいましょう。

まずはプロテインを飲む

過食をしたくなったら、まずはプロテインを飲みましょう。

プロテインはタンパク質の粉です。水や牛乳で割って飲みます。

プロテインってまずそうって思いました?

最近は、カフェオレ、チョコレートイチゴミルクなど味もたくさんあって美味しいんですよ。

プロテインは飲むときは液体なんですが、意外とお腹が満たされるんです。

さらにカロリーも低くく、低糖質なので痩せたいあなたには向いている飲み物です。

私も過食の前には必ずプロテインを飲んでいました。

▼おすすめの美味しいプロテイン

食べた自分を責めない・否定しない

過食した自分を否定しないでください。

食べた後って自己嫌悪してしまいがちですが、自己嫌悪をしても自分が嫌いになるだけです。

自分を否定したところでいいことは起こりませんし、それ以上に「またやったらどうしよう」というストレスがかかってしまいます。

食べたことは食べたこと。

この過食は自分のストレスに対処するのに必要なことだったんだと思えばいいんです。

過食をした自分を否定する必要はないんですよ。

食べ終わったら筋トレをする

お腹がパンパンだとなかなかできませんが、過食が終わったら筋トレをしましょう。

過食のときってパンやお菓子など糖質が多いものを食べますよね。

筋トレは血中の糖を筋肉を動かすために使ってくれるので、過食で摂った糖質が脂肪になりにくいんです。

女性が数十分筋トレしたところで、いきなり筋肉で体重が増えたりマッチョになることはないので安心してくださいね。

過食したら、筋トレをして糖質を有効利用しましょう。

ダイエットサプリを飲む

吐かない、食べたことを後悔しないために、ダイエットサプリを飲みましょう。

あなたに必要なことは過食した自分を責めないこと、ストレスをためないことです。

ダイエットサプリを使ってちょっとでも気持ちに余裕が持てればいいんです。

私もよく使っていましたよ(今も使っているものもあります)

例えば「このサプリを飲んだから、今日は油物も吸収できるな」とか、「いっぱい食べたけどこのサプリ飲んでるから、まだ大丈夫だよね」とか。

ダイエットサプリは私の食事をするときの安心材料になりました。

脂肪を体外に排出してくれるダイエットサプリ

オリルファスト+クリルビタミン

公式サイトをチェック

オリルファスト クリルビタミン

オルリファストの詳細は「【体験談】オルリファストで本当に痩せるの?その効果や飲み方を紹介」をお読みください。

まとめ:過食スイッチはうまく対処すればいいんです

1度入った過食スイッチは簡単には止められません。

過食スイッチが入ってしまったら、あとはうまく対処するだけです。

過食をしても自分を責めないでください。あなたは悪くありません。

また普段からの心がけで、過食衝動を抑えることはできます。

ぜひ、今回紹介した方法を試してみてください。あなたの辛い気持ちが少しでも和らぎますように。